Unit Rug
25/27

メンテナンス方法1. 手洗いスペアがあればさらに便利!2. 拭き取り3. 陰干し4. 仕上げ汚れた部分を洗う汚れた部分のユニットラグを水又は中性洗剤を薄めた水で手洗いし、しっかり水ですすいでください。すすぎが不十分だと、吸着効果が低下し、滑りやすくなる恐れがあります。水をよく吸い取るキレイに洗った後、含んだ水を手で振り切り、さらにタオル等でしっかり水を吸い取ってください。水の吸い取りが不十分な場合、特に裏面は乾燥しにくくなります。よく乾かす乾燥は陰干しで行い、なるべく風通しのよい、平らな場所でしっかり乾燥させてください。完全に乾燥していないと変形や変色、またカビが発生する恐れがあります。整える乾燥後、 反り癖があれば直し、毛並みも揃えパイルのほつれがあれば、丁寧にハサミでカットしてください。ユニットラグをはずして洗っている間に、空いたところにスペアを敷きます。その際にはパイルが目地に挟まれないようにしてください。色相や表面に微妙な差が出る場合があります。あらかじめご了承ください。・ドライクリーニングはできません。・洗濯機による洗濯・脱水及び乾燥機による乾燥は行わないでください。日常のお手入れ手洗い方法POINTPOINTPOINTPOINT・シミ取りの洗濯に用いる洗剤は、かならず中性洗剤をお使いください。・弱アルカリ性のドライマーク衣料用洗剤や、漂白剤の使用は避けてください。ご注意掃除機をかけるパイルの毛並みを起こすようにかけると効果的です。粘着テープ取れにくい髪や糸クズは、粘着テープで取り除くときれいになります。拭き掃除固く絞った布で水拭きをしてください。汚れが落ちないようであれば、水で薄めた中性洗剤をご使用いただけますが必ず洗剤が残らないようにしっかりと拭き取るようにしてください。24

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です