Unit Rug
26/27

使用上のご注意製品に関してのご注意※本製品は床暖房で想定される耐熱性を有しており、製品自体の著しい劣化に対して配慮しておりますが、 床暖房及び仕上げ材に対する影響は各メーカーにお問い合わせください。※クッションフロア等のビニル系床材仕上げの床暖房の上ではご使用にならないでください。仕上げ材が変色するおそれがあります。※床暖房をご使用の際、温めることにより素材特有の臭いが生じる場合があります。臭いが気になるときは換気をおこなってください。※床暖房の上で使用すると、床暖房の昇温に時間を要します。・置き敷きタイプですので、若干の隙間や目地が目立つ場合があります。・製品は経年の光や熱によって変退色・溶融する可能性があります。・特に長時間直射日光が当たる場所では、変退色が早く起こる可能性がありますので、カーテンなどで日除けしてください。・椅子等の局所的加重によって、圧痕が残る可能性があります。・家具の脚などにゴム製品等のカバーを使用すると商品を汚染し、変退色を起こす可能性があります。・同じ場所に長時間、敷設すると裏面の滑り止め材の跡が残る場合があります。月に一回程度、ユニットラグを上げて床面を拭いてください。 跡が付いた場合は、固く絞った布で拭き取ってください。・商品によっては、素材特有の臭いのするものがあります。換気を心がけてください。・置き敷きですので、本体が滑り転倒する可能性があります。・変形、変質、変色、裏材の剥離や風合いが損なわれる場合がありますので、全面を濡らしたままにしないでください。・ワックス掛けの後は完全に乾いてから敷いてください。乾燥が不十分だと敷物の型が付くおそれがあります。・一般家庭で、ユニットラグを捨てるときは小さくカットして、燃えないごみとして廃棄してください。・裏面に滑りにくくするための加工がしてありますが、端部へ接触するとずれる場合があります。・ご使用状況により端部、目地部のパイルがほつれることがあります。ほつれた時はパイルを引っ張らずにハサミでカットしてください。・重量物を引きずったり、落下させてしまった場合、表面部分に跡が残る場合がありますのでご注意ください。・保管の際は平坦な場所に寝かせ、2ケース以上は積み重ねないでください。変形、変質、変色、汚染、たわみやパイルのへたりなどの原因になります。・現物見本やサンプル帳と、製品の色が若干異なる場合があります。・当カタログは2016年10月現在のものであり、予告なしに変更することがあります。床暖房についてユニットラグには、滑り止めが施されています。置くだけで簡単に敷くことが可能ですが、柔らかい床面や不安定な床面(下地)の上では吸着しにくいため、平らで凹凸の少ない床面に設置してください。(下図一覧参照)床面の適応種類フローリング○ビニル床タイル・シート○クッションフロア○大理石、セラミックタイル○モルタル・コンクリート×タイルカーペット・ロールカーペット×畳×柔らかく不安定な床面平らで安定性のある床面適している適さない※床に段差、隙間、凹凸のある場合は目地(タイルとタイルの境目)に段差が生じる場合があります。※パイルを挟み込んで施工すると目地が目立つ場合がありますので挟み込みにご注意ください。ユニットラグ 施工マニュアル25※印刷物ですので現物と若干違う場合がございます。

元のページ 

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です